次回の例会作品

例会作品一覧

【05月例会】2017年05月19日(金) 児島文化センター 18:30開演

【テアトル・エコー】 おかしな二人

スポーツ記者のオスカーは、妻と離婚し気ままな新生活を満喫中。
ずぼらで部屋は散らかり放題だが全く気にならず、今夜も友人達とポーカーで盛り上がる。
そこへ仲間の一人、フィリックスが妻に別れを告げられ憔悴してやってきた。
オスカーは同じ境遇となったフィリックスを誘い一緒に暮らし始めるが、二人は正反対な性格のため衝突ばかり。
同じマンションに住む美人姉妹との食事会で、新たな展開を切り開こうとするも上手くいかず、二人の仲は険悪になっていく…。


作=ニール・サイモン 翻訳=酒井洋子
出演=安原義人、根本泰彦、後藤 敦 ほか

詳細を見る

今後の例会予定

【07月例会】2017年07月18日(火)

【劇団俳優座】 春、忍び難きを

昭和20年、敗戦の年の12月。この年は半世紀に1度の凶作だった。
とある村の庄屋・望月多聞はこの地の村長であり名士であった。
食糧難などの事情で、子供たちとその家族が帰郷してきた。
長男夫婦と家族は朝鮮から引き揚げ、長女の夫は妻の実家へ。
三男は満州から敗残兵として帰って来た。
しかし、出征の5日前に嫁いできたよし江を残したまま、
跡継ぎである次男はまだ戦地から帰還していない。
農地改革や公職追放におびえる男たちを尻目に、
女たちは黙々と農作業に精を出す。
やがて1年が過ぎ、食料を目当てに帰郷した子供たちは、
「仕事」と「子供の教育」を理由に村を去り、
季節のない都会に帰って行った。
そんな子供たちを思い、ふっともらした母の言葉とは・・・。

作=斎藤 憐
演出=佐藤 信・眞鍋卓嗣
出演=川口敦子・小笠原良知・河原崎次郎ほか

詳細を見る

【09月例会】2017年09月18日(月)

【劇団青年座】 ブンナよ、木からおりてこい

この世にはもっと広く平和で、仲間の殺されない未知の国がある。
そんな思いを胸に、トノサマ蛙の子・ブンナは
住み慣れたお寺の境内にそびえ立つ椎の木に登ります。
やっとの思いで這い上がったてっぺんには、
大きな穴に土が積もり、草花が咲き乱れていました。
ブンナは、夢にまで見た天国だと思いました。
しかし、そこは恐ろしい鳶の餌ぐらだったのです。
次々に連れてこられる傷ついた雀、百舌、鼠、蛇たち。
土の中で彼らの壮絶な戦いじっと見つめるブンナですが・・・。

作=水上 勉
演出=磯村 純
出演=名取幸政・佐藤祐四・大家仁志・石母田史朗 ほか

詳細を見る

児島演劇鑑賞会に参加しませんか?

  • 児島演鑑について
  • 入会案内

私たちは、児島エリアで定期的に演劇を鑑賞する仲間を募集しています。お気軽にお問い合わせください!